読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kankankan

絶賛発散トレーニング中。思ったことを自由につぶやきます。

マーフィーの法則

            "If anything can go wrong, it will."

「失敗する余地があるなら、失敗する」「落としたトーストがバターを塗った面を下にして着地する確率は、カーペットの値段に比例する」をはじめとする、先達の経験から生じた数々のユーモラスでしかも哀愁に富む経験則をまとめたものである(それが事実かどうかは別)。多くはユーモアの類で笑えるものであるが、認知バイアスのサンプルとして捉えることが可能なものもあり、中には重要な教訓を含むものもある。 

wikipediaより

 

以下、マーフィーの法則の例。

 

バターをぬった面を下にして食パンが着地する確率は、カーペットの値段に比例する。

20分ごとに来るバスに乗るための平均待ち時間は15分である。

試験時間は問題を解くのに必要な時間よりいつも5分短い

 

面白すぎる。

読んでいてあるあるとうなづける人は、その出来事について悪い印象を持ち続けていることが多い、もしくは物事の最悪の状況を常に把握できていない。

 

「高価なものほどよく壊れる」

「常に最悪の状況を想定すべし」

 

という概念を大切にせよ。ということ。忘れないようにしよう。

 

 

 

また、マーフィーの法則は「認知バイアス」のサンプルでもある。

認知バイアスとは、認知心理学社会心理学での様々な観察者効果の一種であり、非常に基本的な統計学的な誤り、社会的帰属の誤り、記憶の誤り(虚偽記憶)など人間が犯しやすい問題である。認知バイアスは、事例証拠法的証拠の信頼性を大きく歪める。

 

一貫性バイアス

→ある人物の過去の態度や行動が現在の態度により近いものだったと記憶される傾向。

後知恵バイアス

→過去の事象を全て予測可能であったかのようにみる傾向。

確証バイアス・追認バイアス

→個人の先入観に基づいて他者を観察し、自分に都合のいい情報だけを集めて、それにより自己の先入観を補強するという傾向。その後得られた情報を自分の都合のいい方に解釈する傾向。

根本的な帰属の謝り

→状況の影響を過小評価し、個人特性を過大評価し、人間の行動を説明する傾向。

正常性バイアス(恒常性バイアス)

→自然災害・テロなど、なんらかの被害が予測されうる事象に対し、都合の悪い情報は無視し、「自分は大丈夫」「今回は大丈夫」など過小評価する傾向。

アンカリング

→ある事象の評価が、そのヒントとして与えられた情報に引きずられてしまう傾向。

(メーカー小売希望価格より20000円OFF、など)

 

心に留めておこう。

 

 

 

 

広告を非表示にする