kankankan

絶賛発散トレーニング中。思ったことを自由につぶやきます。

あの人はなぜ東大卒に勝てるのか

 

あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか―――論理思考のシンプルな本質

あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか―――論理思考のシンプルな本質

 

 

ロジカルシンキングのツールを紹介する書籍とは違い、

論理的思考・論理的思考法とは何か「学ぶ」ことができる書籍である。

 

そもそも「考える」とは何か。

考えるとは、頭の中であれこれ意見するのではない。

既存のフレームワークを利用するだけでは、「学ぶ」に過ぎない。

 

考えるとは、フレームワークや考え方の方法を「考案する」ことを指し、

既存の法則を利用し問題を解いただけでは「学んだ」に過ぎないという。

「学んだ」だけでは競合との差を作ることはできない。

 

よくいう「ゼロベース思考」は意識していても簡単にはできない。

人間はどうしても、先入観なしに思考するのは難しい。

そのために、「学ぶ」。フレームワークを使い、「バカの壁」をなくす。

フレームワークは、綺麗に作ることが目的ではない。

バカの壁」をなくすために使う。

 

言葉の語源は「言の葉」「事の端」だといわれている。

境界線を作るのが、言葉になりうる。

 

言葉を選び、バカの壁を作らないツリーを作ることが

ロジカルシンキングの本質である。

 

「発想する」とは単なる直感によるものではない。

「学んだ」ものを「思い出す」し、「組み合わせる」ことができて初めて生まれるものだ。

 

発想の質 ≒ 発想の広さ = 情報量 × 加工率 × 発想率

 

常日頃から、考え、言葉に起こし、説明する。

これが、論理的思考力を養う秘訣かもしれない。

 

 

Kan